飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

menu

オリーブオイル専門店ベリタリアのブログ

春の山菜でデトックス「春には苦味を盛れ」

o0480072012875179565

みなさまこんにちは、オリーブオイルソムリエのベリタリアです。

まだまだ風は冷たいですが、春は確実に近づいていますね。

私は春の準備をするために、苦みのある山菜を食事にとりいれています。

苦みが眠っているからだを起こすような感じがして、とても美味しく感じられます。

お勧めですので、是非みなさまもオリーブオイルと一緒にお料理してみませんか?

 

春の山菜について  お天気レシピより抜粋

人間を始めとする動物は、冬の間、体温を逃がさないためにできるだけ体を動かさず、体内に栄養を蓄えて冬を乗り切ります。
即エネルギーとなるたんぱく質や脂質を含む肉食が多くなり、そのため冬の間は脂肪がつきやすく、体重も増える傾向にあります。

しかし、気温が暖かくなる春先になると、新陳代謝が活発になり、肝臓の働きも活性化され、体内に溜め込んだ脂肪や老廃物を排出して春の体へと変化していきます。

冬の体から春の体へと、スムーズに移行させていくのに欠かせない食べ物が山菜です。 昔から「春には苦みを盛れ」といわれています。実はこの苦みにこそ、冬から春の体に変わるメカニズムをスムーズにする働きがあるのです。 

冬眠から目覚めた熊が一番初めに口にするのは「ふきのとう」といわれているのも、ふきのとうの苦みを体内に取り入れることで、眠っていた体を目覚めさせるためでしょう。春一番に顔をだすふきのとうやたらの芽など、山野に自生して食べられる植物を山菜と呼んでいます。 本来は栽培されないもの、それゆえに特有の苦みや香りが強く、春の体に必要な植物なのです。春の山菜には抗酸化力の高いポリフェノール群が豊富に含まれています。

苦みや香りを含んだ春の山菜を上手に取り入れ、冬の間に体内に溜まった老廃物や脂肪を排出しましょう。上手に体内の熱を取り除くことは、春先の疲れやだるさを取り去り、そしてやがて訪れる暑い夏を、元気に乗り切る体を作ってくれます。

次はオリーブオイルによる山菜お料理をご紹介しますね♪

>>ベリタリア商品販売サイト<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。