月別アーカイブ: 2013年11月

バランカ新油どぶろくレシピ「オリーブオイルの香りを楽しむ安納芋のスープ」

みなさまこんにちは、オリーブオイルソムリエのベリタリアです。

バランカ新油「どぶろく」 をご購入くださったみなさま、毎日お使いいただいてますか?

少しずつお伝えしているバランカ「どぶろく」の使い方。

今回は寒い冬に嬉しい「あったかスープ」の中でさつまいもの中でも特別に甘い「安納芋とバランカ」を使ったスープをご紹介します。

飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

安納芋の甘みを玉ねぎの旨み、そして昆布出汁、意外ですがとってもマッチします。

温かいスープの仕上げに、香り高いバランカ新油「どぶろく」をかけると、香りがふわ~っと立ち上り、それはそれは幸せな気持ちに♡  オリーブオイルの香りと味を楽しめる最高の一品になります。

ちなみに、スタッフに試食してもらったところ大好評でした♪ とっても簡単なので今日の夕食の一品に加えてくださいね。

【材料2人分】

・案納芋 中2個 (普通のさつまいもでも大丈夫です)

・玉ねぎ 中1/2個

・小麦粉 小さじ1

・だし昆布 10cm~15cm

・わじまの海塩 適量

・コショウ 少々

・サンジュリアーノ(炒め用オリーブオイル)

・バランカ新油どぶろく(仕上げ用オリーブオイル)

・水

【作り方】 調理時間20分

1.出汁こぶを水(サツマイモの量+0.5)に入れて出汁をとる。 

2.安納芋の皮をむいで1cmの厚さのスライスして、鍋に水をコップ2杯ほど水をいれて茹でる。

3.玉ねぎは皮をむき、薄くスライスし、オリーブオイルを入れたフライパンで中火~弱火で飴色直前までゆっくり甘みを出すように炒める。色がついたら小麦粉小さじ1を加え更に1~2分炒める。

4.1.2.をバーミックスで裏ごしする。

5.3を鍋に戻し火にかけ、同量の昆布出汁を加える。

6.塩をして味をみる。

7.お皿によそってコショウをふり、バランカ新油「どぶろく」オリーブオイルをたっぷりかける。

ノート:多めに作っておくと翌日も楽しめます。 サツマイモの食物繊維と、オリーブ油の働きでお腹にも優しいスープです。

バランカ新油どぶろくレシピ「ラ・フランスの生ハム巻き」

みなさまこんにちは、オリーブオイルソムリエのベリタリアです。

バランカ新油「どぶろく」が届いて1週間、出荷がどんどん進んでいます。

昨日はラ・フランスをスーパーで買って帰って、うす塩のサンダニエーレ生ハムで巻いてみました。
アクセントを付けるためにブラックペッパーとピンクペッパーをトッピング
あとは、バランカ新油「どぶろく」をたっぷり回しかけて出来上がり♪

ラ・フランスの香りと、オリーブオイルの若草の香りがマッチして最初から幸せな気分♡ コショウがアクセントになって、それとオリーブオイルの辛味もマッチ。

落ち着いて食べることができたので、新しいオイルの季節になったなぁ~と改めて実感しました。
甘くても大丈夫だったら、果物は柿でもいいですね。

今回は残念ながら、お酒はなかったのですが、辛口でボディーのしっかりして白ワインか、超辛の日本酒が合いそうな感じでした。

飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

【ラ・フランスの生ハム巻きバランカ新油「どぶろく」】

(材料4人分)

ラ・フランス1/2個

サンダニエーレ生ハム 2~3枚

バランカ新油「どぶろく」

黒コショウ、ピンクペッパー アクセントのハーブ

作り方

ラ・フランスを半分にカットして、皮をむく

それを6等分か8等分にして軽くコショウ

生ハムを等分にカットし、ラ・フランスに巻きつける

上からコショウをしてバランカ新油「どぶろく」をたっぷり回しかける

※お酒のつまみにするときには、ラ・フランス少な目にして生ハム大目がいいようです。