鶏胸肉となすの冷前菜

鶏胸肉となすの冷前菜

【材料】

・鶏むね肉  1枚

・なす  1本

・  昆布(3センチ角)4枚

・酒   50cc

・オリーブオイル「バランカ」 大さじ4

・塩「わじまの海塩」 少々

・白ごま 小さじ1/2

・木綿豆腐(裏ごししたもの) 1/4丁

・いちじく 1/2個

〈 たれ 〉

・すり白ごま 小さじ1/2

・木綿豆腐(裏ごししたもの) 1/4丁

・昆布だし  60cc

・すだち汁 大さじ1

・おろしわさび 小さじ1

・塩「わじまの海塩」少々

・オリーブオイル 「バランカ」 小さじ1

【作り方】

  1. 分量の酒に昆布を30分ほどつけ、そこに鶏胸肉を入れてもみこみ30分ほど置く、さらにオリーブオイル「バランカ」大さじ3をもみこみ一晩置く。
  2. なすは皮をむき、縦半分に切って食べやすい厚さに斜め切りにする。①の肉を4等分に切り分け、なすと一緒にボウルに入れ、オリーブオイル「バランカ」大さじ1をよくまぶし、をふる。
  3. 蒸し器に①の昆布を敷き、②を入れ10分ほど蒸す。蒸し終わったら、なすは冷水にさらし、水分を切る。
  4. 蒸した鶏肉といちじくを食べやすい大きさに切り、③の昆布、なすを重ねるようにして器に盛りつける。混ぜ合わせた<たれ>をかけ、おろしわさび少々を天に盛り、お好みで「バランカ」をかける。