飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

menu

オリーブオイル専門店ベリタリアのブログ

イタリア アグリツーリズモ紀行「ワイナリー経営の宿でテッレロッセを(2)」

1ピエモンテ風景

アグリツーリズモとは・・・アグリカルチャー(農業)とツーリズモ(旅行)が一緒になった造語、1960年代イタリア・トスカーナで生まれたといわれています。農家滞在型ホテルといって、アグリによっていろいろな農産物を食べ、農業体験ができるホテルです。

~・~・~・~・~

前回に引き続き、イタリア アグリツーリズモ紀行「ピエモンテ州ワイナリー経営の宿」をご紹介します。

~・~・~・~・~

朝起きて窓の外を見てみると、どこまでも広がる緑のなだらかな丘に広がるブドウ畑の景色にうっとり、しばし「何もしない」朝の贅沢な時間を堪能し、簡単に身支度を整えて、朝食を食べに一階のダイニングに行きました。

そこにはセルフサービススタイルでチーズや生ハムなど、山で定番に食べられるこだわりの食材が並んでいました。

その中に美味しそうな蜂蜜をみつけ、手作りのヨーグルトにナッツ、ドライフルーツを入れて蜂蜜をトッピング・・・(この容器が優れものでタレないのです)。

蜂蜜とヨーグルトの美味しかったこと!町で食べるのと何かが違う?

ちょうどミラノから持参していたウンブリアの絞ったばかりのオリーブオイル「テッレ・ロッセ」があったので、テイスティングを兼ねて、オリーブオイルでパンをいただきました。

3朝食

ピエモンテではバターが主流なので、「え?オリーブオイル?」という感じで周りのお客様がジロジロと珍しそうに見ていたので、「オリーブオイルいかがですか?」とお勧めすると、「いいの??」と皆さん喜んで召し上がりました。

最後には宿の方まで参加してオリーブオイルのテイスティング大会になり、「このオリーブオイル美味しい!」と食文化交流を楽しみつつ、かつてこの趣味の良い館の主だったエイナウディ氏はさぞかし素敵な方だったのだろうと想いを馳せました。

EX.V.オリーブオイル「テッレ ロッセ」はこちらでご購入いただけます

【アグリツゥーリズモ データ】

名前:ポデーリ・ルイージ・エイナウディPoderi Luigi Einaudi

住所:‪ Borgata Gombe 31 – Cascina Tecc – 12063 Dogliani (Cn) Italia

電話: +39.0173.70414 – Fax +39.0173.742017 –

メール info@relaiseinaudi.com

~イタリア アグリツーリズモ紀行「ピエモンテ州ワイナリー経営の宿」 完~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。