飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

menu

オリーブオイル専門店ベリタリアのブログ

トマトのリコピンの抗酸化力について

こんにちは、オリーブオイルソムリエのベリタリアです。


イタリアでは、夏の一番美味しい時期の、真っ赤に実ったトマトを加熱処理をして瓶詰めにして、一年中パスタやスープに使います。 

これらの夏のトマトは栄養の面から見ても、冬のビニールハウスのトマトとは比べものになりません。


「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるように トマトは健康パワーにあふれています。 


ビタミン、ミネラル、食物繊維、リコピン等のたくさんの栄養素をバランスよく含んでいます。  


その中でも特に注目するべき栄養素は「リコピン」トマトの赤い色素で、カロテノイドの一種、老化や生活習慣病の元と言われている活性酸素を除去し、抗酸化作用が強いという事で知られています。              出典:カゴメのトマト大学より


リコピンの抗酸化力は人参に含まれるベーターカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上になるといわれています。 


その上リコピンには悪玉コレステロール値を低下させる働きもあり、動脈硬化の予防にも威力を発揮するというデーターが出ています。


トマトのリコピンを有効に摂取するためには、摂取方法も重要になります。 



まずはトマトを加熱することでリコピン吸収力が高まります。  


そして、リコピンは油に溶ける性質があるので、オリーブオイルを加えることもお忘れなく。    


トマトの美容効果は⇒ こちら


トマトを使ったリコピン吸収効果抜群の美味しいレシピ  大豆のトマトソース煮込み⇒レシピ(準備中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。