飲めるオリーブオイル『バランカ』と直輸入イタリア食材

menu

オリーブオイル専門店ベリタリアのブログ

なぜオリーブオイルの新油「搾りたて」がいいのか?

ポリフェーモ3収穫風景

いよいよイタリアではオリーブオイルのシーズンに入り、搾油が南から徐々に始まっています。

ポリフェーモでは、なんと100年前から変わらないシチリアならではの収穫方法をいまだに続けています。

ポリフェーモ3収穫風景

一方、ベリタリアでは新油の業務が佳境にはいっています。  ご予約締切は10月16日、数量限定ですので、どうぞチェックしてみてくださいね。

今年の新油は、カラブリア州のバランカ新油、シチリア島のポリフェーモ新油が入荷予定。

昨日はシチリア島のポリフェーモ生産者さまから『今年は収量が少ないですが、とても良い出来です』とご連絡いただいています。 ポリフェーモ新油搾りたては、フレッシュで青いトマトの香りがします。また、ポリフェノールがたっぷり含まれているため、パンチが強くピリ辛なのが特徴です。

ところで、何故オリーブオイルの新油がいいかと申しますと、オリーブオイルにはポリフェノールやビタミンEなど、さまざまな抗酸化作用の成分が含まれています。 実はその抗酸化成分はオリーブを木から摘んだ時点から徐々に減っていきます。

もうお分かりになりましたね?  搾油してまもない新鮮なオリーブオイルの方が抗酸化力が高いというわけです。

「カラダのためにオリーブオイルを」と思ってらっしゃる方は是非搾りたての新鮮なオリーブオイルをご賞味ください。

バランカご予約はこちら 

ポリフェーモご予約はこちら

(サイズ・価格)100ml:1,500円 250ml:2,800円 500ml:4800円(価格はすべて税別)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。