オリーブオイルで作る蜂蜜レモンドレッシング

野菜が数倍美味しくなる簡単ドレッシングです。
皮を使うことができる国産レモンを使えば、
香りが数倍アップ癒し効果も数倍になります。

バナー615×901

<材料/4~5人分>
オリーブオイルバランカ 50cc
・レモン果汁 50cc
・塩 小さじ1/2
・蜂蜜 大さじ2
・胡椒 適量

<作り方>
1.上記全ての材料を上から順番に混ぜ合わせる。

【おすすめの使い方】
*生マッシュルームのサラダ
*白菜やレタスサラダ
*ニンニクを足して、お肉やエビのタレとして

自家製 牡蠣のオリーブオイル漬け

年末年始の突然の来客にもささっと出せてとても重宝する逸品です。
基本的には牡蠣、ベースの美味しいオリーブオイル、オイスターソース、ニンニク、鷹の爪さえあれば、簡単にびっくりするほどおいしい「牡蠣のオリーブオイル漬け」ができます。
ぜひお試しくださいね。

top_banner_01
<材料>(作りやすい分量)
・牡蠣 200g
・オイスターソース 大さじ2
・オリーブオイル「サンジュリアーノ」またはバランカ(漬け込み用)
・鷹の爪、にんにく、ローリエなど

<作り方>
1.水を3回程度変えて牡蠣をしっかり洗い、キッチンペーパーで水気を取っておく。
  (必要に応じて塩or片栗粉で洗う)
2.フライパンに牡蠣を入れて強火にかけ加熱して水分を飛ばす。
3.2分ほどで水気が出るので、ここで和オイスターソースを入れて弱火で
  水気がなくなるまでしっかり加熱する。(食べてみて塩味をチェック)
4.煮沸した瓶を用意し、⓷の牡蠣と潰したにんにく、ローリエ、鷹の爪などと
        一緒に瓶にいれ、オリーブオイルをヒタヒタになるまで注ぐ。
5.すぐに食べてもおいしいのですが、オススメは3日後あたりから。

◎残ったオイルは、パンに塗ったり、パスタや炒め物に使えます♪◎

リガトーニを使った赤玉ねぎとツナのパスタ

材料がないときに、常備のツナ缶を使ってパパッと作れる嬉しいメニュー
簡単なのに、いつものツナパスタとは全く違う味わいです。

ツナパスタ

<材料2人分>

<作り方>

  1. お湯をわかしてパスタを茹でる   
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ赤玉ねぎを炒め、しんなりしたら油を切ったツナ缶を入れてさらに軽く炒める
  3. 牛乳を入れて具材となじませ火を止める
  4. パスタが茹で上がったらざるにあげて、火をつけて③の中にパスタを入れる
  5. パスタと具材がなじんだら生クリームをいれてフライパンを煽る
  6. クリームが絡んできたら、お皿に盛りつけハーブ塩と胡椒をふりかける
リガトーニ ハーブ塩
 ◎ショートパスタのリガトーニを使用しました。
  DELVERDE社はイタリアでも綺麗な水で作った美味しいパスタとして有名です。
  こちらのショートパスタは一袋あたり250gと少量ですので、パスタのみですと3人分、
  メインがある場合は4人分で十分な量です。
 ◎ゲランドの塩を使ったハーブ塩(セル マリン ハーブ)は、なんでも一振りで美味しく

  大変身です!

ブロッコリーのショートパスタ アンチョビ風味

ブロッコリーをソースにしたショートパスタをご紹介します。
お鍋ひとつでできますので、さっと食べたいお昼などにお勧めです。
パスタを少量にして、ブロッコリーをたくさん食べれますので、低糖質ダイエットをやっている方にもオススメです。

top_banner_01

 

<材料/2人分>
・ブロッコリー 200g
・ショートパスタ(フジッリがオススメ) 100g
・アンチョビ 2片
・ニンニク   1カケ
・オリーブオイル  大さじ2 (ポリフェーモ
・パルミジャーノ 大さじ1
・生クリーム 大さじ1(お好みで)

<作り方>
下準備:ブロッコリーを洗い、茎の部分と上部房を切り分け、
    茎の部分は1cmほどの輪切りにし、上部房の部分は小分けにしておく。
    ニンニクはみじん切りにしておく。
1.鍋に水を500CCと塩5g、ブロッコリーの茎の部分を入れ火にかける。
2.沸騰したら、パスタを入れて数分後にすべてのブロッコリーを入れる。
3.パスタが茹で上がる2分ほど前にコップ半分ほど茹で汁を取りおき、
  ザルでパスタとブロッコリーの水を切る
4.同じ鍋を中火にかけ、オリーブオイルとニンニク、アンチョビを入れ軽く炒め、
  ⓷の水を切ったパスタとブロッコリーを入れ和える。
5.パスタを食べてみて、固いようだったら取り置きしたゆで汁で調整、加熱する。
6.塩味をみてパルミジャーノを加え、お皿に盛りコショウを振る。

ピーナツかぼちゃのスープの素

このスープの素は、食べるときに牛乳や豆乳、好みで生クリームなどでのばすわけですが、
冷製にしても温めてもおいしいスープになります。
またのばす牛乳の量を調節すると、写真のようなかなり固めな食べるスープとしても楽しむことができます。

top_banner_01
<材料/4人分>
・ピーナッツかぼちゃ 約300g
・玉ねぎ 1個
・ローリエ 1枚
・塩 適量
・胡椒 適量
・オリーブオイル「バランカ」 適量

<作り方>
1.ピーナツかぼちゃを柔らかくなるまで蒸す。
2.玉ねぎは薄くスライスし、オリーブオイル大さじ1で甘みが出るまでしっかり炒める。
3.⓶にコップ1杯の水とローリエを加え、ピーナッツかぼちゃも加えて
  つぶしながら沸騰させる。
4.ローリエを取り、ブレンダーでポタージュにする。
5.塩胡椒で味を整えて完成。

塩麹を使ったきのこのマリネ

きのこを簡単に料理して、1週間ほど作り置きのできるレシピのご紹介です。
「塩麹」を使うところがポイント!
旨味が強く、とても味わい深い一品になります。

top_banner_01

 

<材料>
・キノコ色々 500g (しいたけ、まいたけ、しめじなど)
・オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ7  
・塩糀  大さじ 2 と1/2
・にんにく 1カケ(擦り下ろす)

<作り方>
1. オリーブオイルとキノコを鍋に入れ蓋をする。
2.そのまま中火で2分ほど火を入れる。
3. 火を止め、塩糀ニンニクを入れよくかき混ぜる。
4. 容器に入れて1週間以内に食べること。

◎レシピに使ったオリーブオイル→ポリフェーモDOP

揚げないメンチカツ

簡単で、安くて、美味しいレシピです。

レシピバナー345×470

<材料/4人分>
・合い挽き肉 300g
・キャベツ(大) 1/4
・玉ねぎ 1/2
・チーズ 50g(お好みで)
・Ⓐ ・卵 1個
   ・オリーブオイル(バランカ) 大さじ1
・パン粉  適量
・塩 重量の1%(ひき肉、キャベツと玉ねぎそれぞれ)
・胡椒 適量

<作り方>
下準備:☆キャベツを千切りにして重量に対して1%の塩をして放置、軽く水を切っておく。
    ☆玉ねぎにも1%塩をして電子レンジで加熱し冷ましておく。
    ☆卵はほぐしておく。
1.ひき肉に1%の塩、胡椒をして軽く混ぜる。
2.【1】にキャベツと玉ねぎ、チーズを混ぜ合わせる。
3.Ⓐを混ぜ合わせる。
4.【3】を容器に詰めて、パン粉を振りオリーブオイルを回しかける。(分量外)
5.パン粉に色がつくまで(180度で約15分)グリルする。

スパゲッティ・ボロネーゼ

茹でたパスタをお皿に盛り付け、その上にボロネーゼソースをかけて出来上がり。
ボロネーゼソースは多めに作って冷凍しておくと、いざと言う時に便利です!

レシピバナー345×470

<材料/4人分>
・合いびき肉 200g
・トマトパッサータ 1本
・玉ねぎ 1個
・ニンニク 1片
・オリーブオイル「サンジュリアーノ」 大さじ1(炒め用)・・・①
・オリーブオイル「カザリーヴァ」 小さじ1(仕上げ用)・・・②
・パルミジャーノチーズ 大さじ1
わじまの海塩 少々
・コショウ 少々
・ローリエ 1枚
・パスタ「スパゲッティ二」 80g×人数分
ゲランドの塩 水1Lに対して10g(茹で用の塩)
◎お好みで、にんじんやセロリを入れてもOKです。

<作り方>
1.玉ねぎをみじん切りにする。(他の野菜を使う場合は一緒にカットする)
2.鍋を用意して、オリーブオイル①をひき、ニンニクを炒めそれにひき肉を入れて、よく炒めて塩コショウをする。
3.【2】をお皿に移して、そのあと玉ねぎのみじん切りを中火でアメ色になるまで炒める。(他の野菜も入れる)
4.【3】にひき肉をもどし、トマトパッサータと水コップ1/2、ローリエの葉を入れて、再び火にかける。
5.弱火で30分煮込む。(圧力なべの場合は15分。その場合は水を加えない)
6.塩味を見て調整する。
7.パスタ1%塩水で茹でる。
8.パスタの水をよく切ってお皿に盛り、ソースとオリーブオイル②、パルミジャーノをかける。

カレーと麹でマリネしたチキングリル

カレーパウダーを使ったレシピをご紹介します。
ぜひお試しくださいね。

top_banner_01

 

<材料/2人分>
・鶏もも肉 1枚
・Ⓐ・スリランカカレーパウダー 大さじ2
  ・塩麹 大さじ2(鶏もも肉の大きさで加減する)
  ・オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ1
・ニンニク 一片
・生姜  3cm

 <作り方>

下準備:☆にんにくと生姜はすりおろしておく。
    ☆Ⓐの材料、塩麹とスリランカカレーパウダー、オリーブオイルをよく混ぜておく。

1.鶏もも肉の余分な脂肪を取り厚い部分は叩いて伸ばす。
2.にんにくと生姜のすりおろしを鶏ももに塗りつける。
3.Ⓐを混ぜたものをまんべんなく塗る。
4.③をラップに包み1時間以上寝かし、焼く前に塗りつけたものを軽く取り、取り置きしておく。
5.フライパンにオリーブオイル大さじ1(分量外)を引き、鶏もも肉を皮目から焼きはじめる。
6.片面を5分、裏返してもう片面を5分焼いて休ませておく。
7.フライパンを軽く拭いて、④のソースを戻しお水を大さじ2を入れて沸騰させソースにする。
8.⑥のチキンをカットし皿に盛り、好みで⑦のソースをかける。

シャインマスカットの白和え

砂糖の代わりに蜂蜜を使い、オリーブオイルを加えることで
爽やかで軽く、また白ワインにも合う白和えになります。

top_banner_01

<材料/ 2人分>
・シャインマスカット 20粒
・木綿豆腐 100g
・はちみつ 小さじ1
・薄口醤油 小さじ1
・塩 少々
バランカエクストラヴァージンオリーブオイル 小さじ1~2

<作り方>
1.木綿豆腐に軽く塩をしてしっかり水切りをする。
2.水を切った豆腐に、はちみつ、薄口醤油を加えバーミックスでペースト状にする。
3.オリーブオイルを加えてさらにかき混ぜる。
4.豆腐ペーストをボウルに取りマスカットを加えてさっくり混ぜ合わせる。
5.お皿に盛る。

◎美味しい白和えをつくるにはこの二つがポイントかと思います。
しっかり水切りをして、出た水の分だけオリーブオイルを入れるようにしてください。