月別アーカイブ: 2020年6月

発酵トマトで作るカポナータ

前回にご紹介した「発酵トマト」を使ってカポナータを作ってみましょう。
生トマトを一つ加えてフレッシュ感を出します。

レシピバナー345×470

<材料/4人分>
・発酵トマト 250 g
・生トマト 1個
・ナス 1本
・玉ねぎ 1個
・ズッキーニ 1本
・人参 1/2本
・セロリ 1本
・オリーブオイル「ポリフェーモ」 適量
・米酢またはワインビネガー 大さじ3

※発酵トマトのレシピはこちらをご覧ください。

<作り方>

下準備:トマトは荒く8ツ切り、ナス・玉ねぎ・ズッキーニ・人参は拍子木切り、セロリは小口切りにする。

1. フライパンにオリーブオイル(分量外)をひきニンニクを入れ玉ねぎを入れ色が付くまでよく
  炒めセロリを入れ、生トマト、発酵トマトを加えて10分煮込む。
2. 別のフライパンにオリーブオイル(分量外)を1cmほど引き、ナスを色づくまで炒め煮し、
    ズッキーニ、人参を加え炒め煮する。
3. ⓶の油を切って⓵に入れ10分煮込む。
4. 酢とキビ砂糖をフライパンに入れ酸味を飛ばしてから3に入れよくかき混ぜてから火を止める。

※発酵トマトは塩味2%ですので、くれぐれもいつもの調子で塩をしないで最後に味を見るようにしてください。

発酵トマト

簡単に作れて失敗なし、そして役立つ発酵トマトの作り方をご紹介します。

レシピブログ

<材料>
・トマト 3個(約500g)
・海塩 10g (トマトの2%)

<作り方>
1. トマトを軽く洗いヘタを取って荒いザク切りにする
2.ボールにカットしたトマトと塩を入れ手で潰すように混ぜる
3.煮沸した瓶に2を入れて上にハーブを乗せる
4.3日間常温に置き、1日1回瓶を振って混ぜる
※1日経つと細かい気泡が発生します。

◎発酵トマトを使って、カポナータ、トマトスープ、ビーフシチュー、チキンのローストなどが
 作れます。

スペルト小麦のサラダ

今日は作り置きできる涼しげな一皿をご紹介します。

イタリアの暑い夏によく食べられるスペルト小麦のサラダ。
味が馴染むと更に美味しいので、朝つくって夜食べるなど重宝する一品です。

IMG_4956

<材料/2人分>

  • Farro(スペルト小麦) 100g
  • ミニトマト 10個
  • きゅうり 10cm
  • レモン汁 大さじ1.5
  • オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ1~2(レモンオリーブオイルでもOK)
  • ハーブ塩 適量
  • バジル 適量
  • モッツアレラチーズ 1/2個
  • パルメザンチーズ 大さじ2

<作り方>

1.トマト、きゅうりを2cm角に切る。
2.スペルト小麦を1%の塩水で30分ほど茹でザルにあげる。
3.茹であがったスペルト小麦をバランカまたはレモンオリーブオイルとハーで和える。
4.冷めたら野菜とレモン汁、ハーブ塩を加えて味を整え、バジルを飾る。
5.冷蔵庫で冷やす。
6.お皿に盛りレモン汁をかけ、モッツアレラを添えパルメザンチーズをかける。

◎プチプチっとした食感が楽しいスペルト小麦にオリーブオイルとレモン汁であっさり食べるサラダです。
◎お好みで野菜を変えたり、豆類を加えたり色々とバリエーションが楽しめる楽しい小麦です。

ミニトマトとポリフェーモの冷製パスタ

思い立った時に簡単にできる冷製パスタです♪

7月ミニトマトとバランカの冷製パスタ

<材料/2人分>

・パスタ(カッペリーニ) 140g
・オリーブミニトマトソース  ミニトマト 10個(1/4にカット)
               オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ4
               塩(わじまの塩) 大さじ1/2
               コショウ 適量
               ニンニク 一片(潰しておく)

<作り方>

  1. フライパンにオリーブオイル大さじ1と、ニンニクを入れ火にかけ、香りを出す。
  2. ミニトマトを炒め、塩・コショウを少しきつめにし、トマトがしんなりしたら、残りのオリーブオイル大さじ3を加え、なじませてすぐ火を止める。
  3. カッペリーニを茹で、冷水でしっかり冷やす。
  4. よく水を切り、②のソースを絡める。
このソースは、焼いたお肉、モッツアレラチーズや目玉焼きの上にかけても、
 とっても美味しいです。