作成者別アーカイブ: author

塩麹を使ったきのこのマリネ

きのこを簡単に料理して、1週間ほど作り置きのできるレシピのご紹介です。
「塩麹」を使うところがポイント!
旨味が強く、とても味わい深い一品になります。

top_banner_01

 

<材料>
・キノコ色々 500g (しいたけ、まいたけ、しめじなど)
・オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ7  
・塩糀  大さじ 2 と1/2
・にんにく 1カケ(擦り下ろす)

<作り方>
1. オリーブオイルとキノコを鍋に入れ蓋をする。
2.そのまま中火で2分ほど火を入れる。
3. 火を止め、塩糀ニンニクを入れよくかき混ぜる。
4. 容器に入れて1週間以内に食べること。

◎レシピに使ったオリーブオイル→ポリフェーモDOP

揚げないメンチカツ

簡単で、安くて、美味しいレシピです。

レシピバナー345×470

<材料/4人分>
・合い挽き肉 300g
・キャベツ(大) 1/4
・玉ねぎ 1/2
・チーズ 50g(お好みで)
・Ⓐ ・卵 1個
   ・オリーブオイル(バランカ) 大さじ1
・パン粉  適量
・塩 重量の1%(ひき肉、キャベツと玉ねぎそれぞれ)
・胡椒 適量

<作り方>
下準備:☆キャベツを千切りにして重量に対して1%の塩をして放置、軽く水を切っておく。
    ☆玉ねぎにも1%塩をして電子レンジで加熱し冷ましておく。
    ☆卵はほぐしておく。
1.ひき肉に1%の塩、胡椒をして軽く混ぜる。
2.【1】にキャベツと玉ねぎ、チーズを混ぜ合わせる。
3.Ⓐを混ぜ合わせる。
4.【3】を容器に詰めて、パン粉を振りオリーブオイルを回しかける。(分量外)
5.パン粉に色がつくまで(180度で約15分)グリルする。

スパゲッティ・ボロネーゼ

茹でたパスタをお皿に盛り付け、その上にボロネーゼソースをかけて出来上がり。
ボロネーゼソースは多めに作って冷凍しておくと、いざと言う時に便利です!

レシピバナー345×470

<材料/4人分>
・合いびき肉 200g
・トマトパッサータ 1本
・玉ねぎ 1個
・ニンニク 1片
・オリーブオイル「サンジュリアーノ」 大さじ1(炒め用)・・・①
・オリーブオイル「カザリーヴァ」 小さじ1(仕上げ用)・・・②
・パルミジャーノチーズ 大さじ1
わじまの海塩 少々
・コショウ 少々
・ローリエ 1枚
・パスタ「スパゲッティ二」 80g×人数分
ゲランドの塩 水1Lに対して10g(茹で用の塩)
◎お好みで、にんじんやセロリを入れてもOKです。

<作り方>
1.玉ねぎをみじん切りにする。(他の野菜を使う場合は一緒にカットする)
2.鍋を用意して、オリーブオイル①をひき、ニンニクを炒めそれにひき肉を入れて、よく炒めて塩コショウをする。
3.【2】をお皿に移して、そのあと玉ねぎのみじん切りを中火でアメ色になるまで炒める。(他の野菜も入れる)
4.【3】にひき肉をもどし、トマトパッサータと水コップ1/2、ローリエの葉を入れて、再び火にかける。
5.弱火で30分煮込む。(圧力なべの場合は15分。その場合は水を加えない)
6.塩味を見て調整する。
7.パスタ1%塩水で茹でる。
8.パスタの水をよく切ってお皿に盛り、ソースとオリーブオイル②、パルミジャーノをかける。

カレーと麹でマリネしたチキングリル

カレーパウダーを使ったレシピをご紹介します。
ぜひお試しくださいね。

top_banner_01

 

<材料/2人分>
・鶏もも肉 1枚
・Ⓐ・スリランカカレーパウダー 大さじ2
  ・塩麹 大さじ2(鶏もも肉の大きさで加減する)
  ・オリーブオイル(ポリフェーモ) 大さじ1
・ニンニク 一片
・生姜  3cm

 <作り方>

下準備:☆にんにくと生姜はすりおろしておく。
    ☆Ⓐの材料、塩麹とスリランカカレーパウダー、オリーブオイルをよく混ぜておく。

1.鶏もも肉の余分な脂肪を取り厚い部分は叩いて伸ばす。
2.にんにくと生姜のすりおろしを鶏ももに塗りつける。
3.Ⓐを混ぜたものをまんべんなく塗る。
4.③をラップに包み1時間以上寝かし、焼く前に塗りつけたものを軽く取り、取り置きしておく。
5.フライパンにオリーブオイル大さじ1(分量外)を引き、鶏もも肉を皮目から焼きはじめる。
6.片面を5分、裏返してもう片面を5分焼いて休ませておく。
7.フライパンを軽く拭いて、④のソースを戻しお水を大さじ2を入れて沸騰させソースにする。
8.⑥のチキンをカットし皿に盛り、好みで⑦のソースをかける。

シャインマスカットの白和え

砂糖の代わりに蜂蜜を使い、オリーブオイルを加えることで
爽やかで軽く、また白ワインにも合う白和えになります。

top_banner_01

<材料/ 2人分>
・シャインマスカット 20粒
・木綿豆腐 100g
・はちみつ 小さじ1
・薄口醤油 小さじ1
・塩 少々
バランカエクストラヴァージンオリーブオイル 小さじ1~2

<作り方>
1.木綿豆腐に軽く塩をしてしっかり水切りをする。
2.水を切った豆腐に、はちみつ、薄口醤油を加えバーミックスでペースト状にする。
3.オリーブオイルを加えてさらにかき混ぜる。
4.豆腐ペーストをボウルに取りマスカットを加えてさっくり混ぜ合わせる。
5.お皿に盛る。

◎美味しい白和えをつくるにはこの二つがポイントかと思います。
しっかり水切りをして、出た水の分だけオリーブオイルを入れるようにしてください。

冷やし中華レモンオイル風味

これだけ暑いと冷たいお料理が食べたくなりますね。
サッパリ爽やかなレモンオイル風味の冷やし中華です。

冷やし中華レモンオイル風味

<材料/2人分>
・(A)古式蔵 赤酢 大さじ3
    蜂蜜 大さじ2
    濃口醤油 大さじ1 (ミツル醤油)
    わじまの海塩 小さじ1/2
    水 70cc
いりこ出汁つゆ 大さじ2 (ミツル醤油)
レモンオリーブオイル 適量
・中華麺 2玉
・(トッピング) 卵 2個
         きゅうり 1/2 本
         ロースハム 2枚
         ミニトマト2個

<作り方>
1.水を鍋に入れ、沸騰したら【A】を中火にかける。
2.沸騰したら火を止め、いりこ出汁つゆを加える。冷めたら容器に入れ、
  冷蔵庫で冷やしておく。
3.薄焼き卵を作り千切りにしておく。
  ※「薄焼き卵の上手な作り方」レシピ
4.きゅうりとロースハムは千切りにしておく。
5.ミニトマトは四つ切りにしておく。
6.お湯を沸騰させ、麺を入れ湯がきお店にとって冷やす。
7.麺と具をお皿に盛り、②のだしつゆをかけ、レモンオリーブオイルを仕上げにかける

◎ 手作りのタレは冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

オリーブオイルで作るフライドズッキーニ

外はサクサクっとして、中はしっとり。
衣はパルミジャーノを入れているので、うまみが強く止まらない美味しさです。

やみつきフライドズッキーニ

<材料/2人分>
・ ズッキーニ  1本
・ 小麦粉 適量
・ 卵 1個 + 水 大さじ1・・・溶き卵
・ すりおろしたチーズ(パルミジャーノなど) 大さじ1
・ パン粉 大さじ6
・ 揚げ用のオリーブオイル 適量(鍋に1cmほど)

o0640042614481249689

<作り方>
1.ズッキーニはヘタつきのまま縦に4等分〜6等分にする。
2.ズッキーニに薄く小麦粉を振り、溶き卵(水を入れたもの)、
  パン粉とパルミジャーノを混ぜたもの、の順番でまぶす。
3.好みでタルタルソースを用意する。
4.オリーブオイルを小さめの鍋に1㎝ほどいれ、温度が100℃位になったら
        ズッキーニをそっと入れる。
5.キツネ色になるまで揚げ、油を切って器に盛る。

◎ パン粉のつきを良くするために、卵の中に少量の水を加えています。

簡単!皮なし濃厚キッシュ

キッシュを作る時に少しハードルが高く感じていたパイ生地部分。
いっそのことならないほうがいい?!と思い作ってみると、
パイ生地がなくても問題ありませんでした。
具材を混ぜて焼くだけなので意外と簡単です。
ぜひお試しくださいね。

top_banner_01

<材料/18cmホール> ※またはダイソー300円耐熱角皿
・ほうれん草 1束
・ベーコン 50g
・クリームチーズ 60g
・卵 3個
・牛乳 100cc
・生クリーム 100cc
・片栗粉or米粉 大さじ1
・塩 適量
・胡椒 適量
・ナツメグ 適量
レモンオリーブオイル 少々

<作り方>
下準備:ほうれん草は5cmの長さに、ベーコンは1cmにカットして、
    オリーブオイル(分量外)を入れたフライパンで軽く炒めておく。

1.クリームチーズを耐熱容器に入れ600wで3分加熱する。
  さらに牛乳を入れ600wで2分加熱してよく混ぜる。
2.粗熱を取った【1】に生クリームを加え、割りほぐした卵を加えさらに片栗粉も入れて
  よくかき混ぜる。
3.味をみながら塩・胡椒を加え、ナツメグも加える。
4.耐熱容器にバターを塗り、炒めたベーコンとほうれん草を入れ、【3】のアパレイユを入れて
  チーズをトッピングする。
5.オーブンを200度で予熱し、180度で20分~30分ほど様子を見ながら加熱する。
6.カットをして皿に盛り、レモンオリーブオイルをかけてお召し上がりください。

◎一度冷蔵庫に入れて冷ますときれいにカットできます。

◎ ダイソーの300円耐熱角皿の場合ちょうど魚焼きグリルに入ります。                                            その場合は中火で様子を見ながら10分、アルミホイルをかぶせて10分焼いてください。

手羽先のコトレッタ 瀬戸内レモン風味

ふっくら柔らかく仕上がった鶏肉がとてもジューシー、レモンの酸味も効いたチキンカツレツです。
油で揚げずにオリーブオイルをかけてオーブンで焼くだけなので、軽くていくらでも食べられる美味しさです。

top_banner_01

<材料/2人分>
・手羽先 6本(開いてあるもの)
・海塩 適量
・胡椒 適量
・ニンニク 1カケ(擦りおろしておく)
・(A) 卵 1個
     レモン 1/4個(皮と果汁両方使う)                        ・(B) パン粉(細かいもの) 適量
     イタリアンパセリ 適量
・オリーブオイル 適量
・レモン 1/4個(絞っておく)

<作り方>
下準備:(A)卵にレモン果汁1/4個分と皮の擦りおろしをよく混ぜあわせておく。
    (B)イタリアンパセリをみじん切りにしパン粉に混ぜて合わせておく。

1.手羽先にニンニクを擦りつける。
2.【1】の表裏に塩胡椒をし10分休ませる。
3.【2】の手羽先に卵(A)、パン粉(B)の順につける。
4.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、手羽先を並べオリーブオイルを回しかける。
5. 230度に予熱したオーブンで10分、裏返して10分焼く。
6. 皿に盛りつけ彩りの野菜を添える。レモン汁を添えて出す。

◎糖質制限中の方はパン粉をつけず、卵をつけた状態で焼いてください。

そら豆のピリ辛オリーブオイルソテー

唐辛子とオリーブオイルで蒸し煮炒め。
いつものそら豆が、濃厚で旨味アップしビールにも白ワインにもぴったりです。

top_banner_01

<材料/2人分>
・そら豆  さや付き8本
・オリーブオイル 「ポリフェーモ」 大さじ1
・塩  そら豆の重量の1%
・唐辛子 2本

<作り方>
下準備:そら豆を鞘からはずしておく。

1.フライパンを用意し、コップ1杯の水に塩をいれて火にかける。
2.沸騰したら、そら豆を入れて蓋をして茹でる。
3.水がなくなったらオリーブオイルと唐辛子を入れて2分ほど炒めます。